病院案内

病院沿革

昭和49年院長 渡邊 斌により開設。
老人専門病棟設置、精神科、内科、病床80床
昭和52年増床143床
昭和54年医療法人以和貴会設立。
現本館建築、病床121床
昭和56年239床に増床
歯科、理学診療科増設
昭和59年263床に増床
昭和61年院長 坂本 龍男
平成6年院長 渡邊 朋之
平成7年1月/新看護(5対1看護、13対1看護補助)
12月/新看護(5対1看護、10対1看護補助)
平成8年5月/看護婦宿舎新築
6月/新看護(4対1看護、10対1看護補助)
10月/精神科作業療法開設
12月/理学療法(V)取得後(U)に変更
平成9年4月/中央棟新築完成
6月/精神療養病棟(B)から(A)に変更
  /PICUユニット・身体合併症病棟・精神科急性期病棟に機能分類
10月/老人性痴呆疾患治療病棟(県内初認可)
11月/新看護(3.5対1看護、13対1看護補助)
  /夜間勤務等看護加算(U)b
平成10年1月/新看護(3.5対1看護、10対1看護)
4月/アネックス棟新築工事完成
  /中央棟・外来棟完成 248床に減床
5月/重度認知症デイ・ケア(U)開設(県内初認可)
     /本館改修工事完了(鉄格子撤去、強化ガラス採用)
  「以和貴病院」⇒「いわき病院」
7月/精神科デイケア小規模 開設
  /SST普及協会四国地区運営委員、世話人
9月/夜間勤務看護加算(Ub)から(Ua)に変更、3病棟(158床)
  託児所新築工事完成
10月/訪問看護ステーション開設
平成11年8月/老人性痴呆疾患センター指定
  /新看護(3対1B、10対1看護)精神3病棟158床
11月/指定居宅看護支援事業所 シルバーロード開設
平成12年4月/老人性痴呆疾患治療病棟から老人性痴呆疾患療養病棟(A)変更
  /1病棟 42床(介護療養病棟)
10月/ソーラーシステム導入
平成13年1月/患者様の権利と責任を掲示
2月/日本医療機能評価(Ver.3)受審
7月/労災保険指定医療機関に指定
8月/日本医療機能評価(Ver.3)認定(精神病棟種別A)
平成14年2月/特別養護老人ホーム協力病院
平成15年10月/精神障害者社会復帰複合施設(ライブサポートセンター)開設
   /精神障害者福祉ホームB型・精神障害者小規模通所授産施設
   /精神障害者地域生活センター
平成16年4月/日本老年精神医学会認定施設
5月/特殊疾患入院管理加算(県内初)
平成17年10月/デイケア施設(きらく)を開設(2単位 50人)
平成18年1月/香南町が高松に合併・住所の変更
3月/歯科移転
7月/日本医療機能評価(Ver.5)更新
平成22年2月/次世代育成支援対策推進法に基づくいわき病院一般事業主行動計画を策定
    (詳細はこちら)
10月/コミュニティハウス未来弐番館開設(高松市香川町大野)
平成23年10月/認知症疾患医療センター開設(香川県委託)
11月/次世代育成支援対策推進法に基づくいわき病院一般事業主行動計画を更新
    (詳細はこちら)
平成25年10月/介護老人保健施設やわらぎ開設